東大阪市「瓢箪山」駅すぐ『内科・泌尿器科さとうクリニック』泌尿器科専門医がこれまで経験と知識に基づき、年齢、男女を問わず幅広く泌尿器科疾患に対応するとともに糖尿病、高血圧、感染症、発熱などの生活習慣病、一般内科の診療も対応いたします。

診療のご案内

初診の方へ

初診の方は下記のものをご持参ください。

●健康保険証

毎月確認が必要となりますので、再診時も月初めの診察時にお持ちください。

●紹介状

病状の把握をよりスムーズに行う事ができますので、紹介状をお持ちの場合は、ご持参ください。

●処方されているお薬、またはおくすり手帳

お薬を服用している方はお持ちください。

問診票について

ご来院前にあらかじめ問診票に症状などをご記入していただき、受付時にご提出いただくと、受付作業などをよりスムーズに進めていただけるようになりますので、ご協力のほどお願い申し上げます。
問診票は下記からダウンロードできます。印刷してご使用ください。
問診票ダウンロードはこちら[PDF] >> 

診療のご案内

泌尿器科疾患について

泌尿器科疾患について

泌尿器科では腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路や前立腺、男性生殖器、副腎などの病気を診断し、治療を行います。
一見、男性の科のイメージがありますが、患者さんの半数は女性です。
当院では女性の方でも安心して受診いただけるように努めてまいります。
血尿、尿失禁、排尿困難、頻尿、排尿時痛、残尿感などのおしっこの症状がありましたらお気軽にご相談、受診ください。

*外科的治療(処置、手術)が必要な場合は若草第一病院と連携して行います。

対象となる主な疾患名等

  • 前立腺肥大症
  • 前立腺がん
  • 前立腺炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 尿道狭窄
  • 過活動膀胱
  • 間質性膀胱炎
  • 膀胱がん
  • 尿失禁(腹圧性、切迫性、混合性)
  • 尿路結石(腎、尿管、膀胱)
  • 神経因性膀胱
  • 性感染症(クラミジア、淋菌、ヘルペスなど)
  • 夜尿症 (おねしょ)
  • 潜血・蛋白尿
  • 男性不妊症
  • 男性更年期障害/LOH症候群
  • 骨盤性器脱(膀胱瘤)
  • 尿道カルンケル
  • 尿道バルーン、腎盂バルーン留置

各種がんに関する対応について

各種がんに関する対応について

国立がんセンターでの経験から泌尿器科系がんはもちろんのこと、各種がんに対して可能な限りのご相談に応じるつもりです。また今後予定している往診や在宅医療に積極的に対応し、緩和医療に至るまでの対応を行う予定です。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

生活習慣病について

生活習慣病について

生活習慣病とは主に高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症(痛風)など偏った食事や運動不足、喫煙、飲酒、生活の乱れなどストレスの多い生活を続けていることで起きる病気です。
また、こういった病気は脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの生命に危険を及ぼす疾患につながることが多く、そこに至らないために各々の病気の診断、治療を行い、予防、生活習慣の改善が重要です。単に薬物療法のみでなく、食事や運動などの生活指導を行いながら総合的に治療します。
健康診断で要精査、肥満(メタボリック症候群)、骨粗しょう症などのご相談にも対応いたします。

対象となる主な疾患名等

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 高尿酸血症(痛風)
  • 肥満(メタボリック症候群)
  • 骨粗しょう症

一般内科について

一般内科について

一般内科とは一般的でよくある症状や疾患にまず対応する診療科です。
具体的には発熱、頭痛、めまい、胸痛、腹痛、下痢、悪心・嘔吐、咳、呼吸困難、むくみ、息切れ、発疹、腰痛、関節痛、不眠、不安などの諸症状などに対応致します。
これらは重大な病気の症状である可能性があり、的確に診断、治療を行います。当院で診断、治療が困難な場合は専門の医療機関に紹介いたします。
どの診療科にかかったらよいのか分からない、複数の受診科にかかっている、セカンドオピニオンや専門医への紹介を希望される場合にも対応いたします。

*プライマリケアについて
身近にいて、様々な健康問題について何でも気軽に真っ先に相談できる医師や医療機関のことをプライマリケアと呼びます。
当院では地域の皆様のかかりつけ医、プライマリケアを第一に考え、町のお医者さんを目指します。

対象となる主な疾患名等

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 胃腸炎
  • 胃十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 気管支炎
  • 甲状腺・内分泌疾患
  • アレルギー疾患
  • 生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症、肥満、骨粗しょう症など)

在宅医療(往診・訪問診療)

在宅医療(往診・訪問診療)

在宅療養支援診療所として在宅医療に力を入れています。看取りも対応しております。

当院は在宅療養支援診療所として在宅医療(往診、訪問診療)に力を入れております。
在宅医療は患者様のご自宅や施設に医師等が訪問し医療を提供することです。
そのうち往診は患者様やご家族様の要請に応じて医師等が患者様のもとに赴き診察等を行うものです。これに対し訪問診療はあらかじめ訪問日時を定め計画的、定期的に医師等が患者様のもとに訪問し診療等をおこなうものです。
近年、医療の提供の場として医療法に自宅等が規定され入院・外来以外の診療が進められています。通院困難となった患者様や、一人暮らしの高齢者、高齢者夫婦で移動困難な方、複数の慢性疾患を抱えながら日常の生活を営もうとする方や住み慣れた自宅で人生の最後を迎えようとする末期の方を支援するのが在宅医療です。
当院では在宅医療を行っている患者様に対し、365日24時間体制で電話対応し、必要な時には往診や連携病院への緊急入院を手配いたします。またご自宅、施設での看取りも対応しております。
急変時の連絡先は、訪問開始時にお伝えいたします。
ご不明な点はお気軽にお電話ください。

訪問診療開始までの流れ

1. 申し込み:
まずはお電話ください。当院にかかられている場合はいつでもご相談ください。
2. 書類のご準備:
紹介状があればご用意ください。現在の主治医の先生に紹介状(診療情報提供書)を作成して頂き、当クリニックへFAXしてもらって下さい。当院にかかられている場合は不要です。面談日をご相談いたします。
3. 面談日のご相談:
紹介状が準備出来ましたら、当クリニックかご自宅で面談させて頂きます。入院中の患者様については、退院までに病院にお伺いいたします。面談では患者様の病状を確認し、訪問診療のシステムや費用についてご説明いたします。当日、紹介状、医療保険証・介護保険証・身体障害者手帳などと印鑑をご用意ください。
4. 訪問診療開始:
計画した訪問診療日以外は往診としてお伺いいたします。

健康診断(特定検診、一般健診、企業健診)について

健康診断(特定検診、一般健診、企業健診)について

当院は、東大阪在住の患者様の特定健診、雇い入れ時および定期の一般健診、企業健診も随時行っております。

 こちらからご覧いただけます >> 

エイジングケア(自費診療)について

エイジングケア(自費診療)について

泌尿器科、男性学の観点から男性更年期障害などや、女性に対してもプラセンタ、ビタミン点滴などをおこなっております。

 こちらからご覧いただけます >> 

お支払いについて

当院は現金の他、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済をご利用いただけます。
ご利用可能な種類は下記となります。

  • VISA
  • JCB
  • mastercard
  • DinersClub
  • AmericanExpress
  • Discover
  • Kitaca
  • Sauica
  • PASMO
  • toica
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • ApplePay
  • ID
  • QuicPay
  • d払い
  • LINEPay
  • 支付宝
  • 微信支付

〒579-8041 大阪府東大阪市喜里川町3-13 阪田屋ビル1階

072-984-3101

お電話は診療日の8:45〜12:30、15:45〜19:15以外は留守番電話になります。
お名前、電話番号をお入れください。改めてご連絡させていただきます。

近鉄奈良線「瓢箪山」駅・北へ 徒歩約5分
診療時間
 8:45~12:15
13:00~15:00
16:00~19:00

★・・・往診、訪問診療など

休診日火曜午後、木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

PAGETOP
Copyright © 2021 内科・泌尿器科さとうクリニック All Rights Reserved.
駐車場のご案内 駐車場のご案内 駐車場のご案内 採用情報 採用情報 採用情報 ページTOPへ戻る